スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。










[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

野球少年 

135 :本当にあった怖い名無し :sage :2007/11/22(木) 02:26:44 (p)ID:DLcarc7y0(3)
野球少年だった小学4年の秋の夕方。
裏庭で素振りをしていたら、知らない間に近づいてきた祖母の頭に金属バットが直撃。
祖母はその場に倒れこんでしまった。
テンパったオレは、台所にいた母親に走り寄り、事態を伝えようとするがうまく声が出せない。
母親は異常を察知したのか、足早に裏庭に駆け出し、動かない祖母を発見。
声高に「お義母さん!お義母さん!」を声をかけるが反応がない様子だ。
それがわかると母親は電話で救急車を呼んでいた。

オレはただ呆然と突っ立ていた。
救急車のサイレンが聞こえた時、バットを握ったままだったことに気が付いた。



つづく


136 :本当にあった怖い名無し :sage :2007/11/22(木) 02:28:01 (p)ID:DLcarc7y0(3)
つづき

その夜の記憶はハッキリしていない。
ただ、祖母が夜半に亡くなったのは覚えている。

素振り中に誤って祖母を殴ってしまった瞬間を見たものはいないはず。
しかし、状況からすれば推測できるとおもう。
だけど家族の誰もその時の事をオレに問いただすことはなかった。
もちろん、オレからその事を切り出すことはない。
(不思議と警察沙汰にもならなかった)
頻繁に釣りやキャンプに連れて行ってくれた親父は寡黙になり、オレと話す事はめったになくなった。
おとなしかった母親は、暗くなった家庭を何とか明るく保つ為か作り笑いが多くなった。
オレも普通に過ごす事が自分の情緒を安定させる術と思い、普通に進学し普通にサラリーマンとなった。
儀礼的に祖母の墓参りにも行っているがみんな無口だ。

つづく


137 :本当にあった怖い名無し :sage :2007/11/22(木) 02:29:20 (p)ID:DLcarc7y0(3)
つづき

でも本当は「おばあちゃん、あの時はごめんね!」って大声で謝りたい。
色々可愛がってくれたおばあちゃん!大好きだったおばあちゃん!
あれから20年も経ったけど、あの事が忘れなれないよ!
手の感触も生々しく残ってるんだよ!

「本当にごめんなさい!おばあちゃん!」・・・・















・・・という妄想を書いてみるテスト。



138 :本当にあった怖い名無し :sage :2007/11/22(木) 02:31:01 ID:aO4pwDOZ0
ババアなんか死んでもいいじゃん


139 :本当にあった怖い名無し :2007/11/22(木) 04:21:16 ID:Om4kGmo7O
気にすんなよ人殺し


140 :本当にあった怖い名無し :sage :2007/11/22(木) 04:31:43 (p)ID:6flko+me0(2)
流石に金属バットで頭殴打された人間運び込まれた人間を警察に報告しないってのはおかしすぎるだろ常考


141 :本当にあった怖い名無し :sage :2007/11/22(木) 04:32:24 ID:6M47XqErO
  /""\
 ( ノA;`) グランマ・・・
  \_/
  < >









[ 2008/03/21 13:59 ] 第1集後悔した話 | トラックバック(-) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
このブログについて
2ちゃんねるオカルト板
墓場まで持っていくつもりだった話のまとめ
■はじめに読んでね

2chhakabamade



fc2ブログランキング

2ch系相互リンク募集中
このブログについての問い合わせ ご要望は↓
問い合わせメール
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最近の記事+コメント
ブログ内検索
ソーシャルブックマーカー

Powered by SEO対策


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。